AGAというのは男性ホルモンの影響によるものなのですが、その男性ホルモンの影響の原因にはストレスが関係しています。

AGAはストレスによって引き起こされる場合が考えられています。

日常的に職場での人間関係、家庭での負担など、誰であっても毎日それなりのストレスを感じて生きているものであり、ストレスを失くすということは難しいことなのですが、やはりAGAを予防改善するためにはストレスを溜めないということも大事なポイントとなります。

ストレスと言う目に見えないものは、私たちの体に大きく影響するもので、中には病気が悪化したりすることもあります。

ストレスが溜ると、自律神経やホルモンのバランスが悪くなり、血行が悪くなるのをご存知でしょうか?ストレスは血管を収縮させてしまい、結果血流がわるくなることで、体全体に必要な栄養が運ばれなくなってしまうのです。

AGAの場合、毛根に十分に栄養が運ばれないことで脱毛症が発症してしまいます。

その他、ストレスを溜めることで、コラーゲンが不足することもわかっています。

コラーゲン不足は髪の元の毛母幹細胞の分化が促進されるものの、細胞の分裂は抑制されるので、髪は生えても成長しない弱くて細い髪が生え変わるというサイクルになってしまいます。

大事なことはいかに日常のストレスを発散させるかということで、毎朝ウォーキングをしてみる、ヨガやストレッチなどを取り入れて血行改善をするなどがおすすめです。