AGAの様な男性ホルモンによる脱毛症は仕方のないことだと思っている人も入ると思いますが、日常的に気をつけられることは幾つかあります。

抜け毛の起こる原因が男性ホルモンの変異によるものだとわかっているAGAですが、それでも、AGAになるまでには様々な要因が関係している訳で、普段の生活を見直すことで防げることもあります。

AGAである場合、薬などを使用して治療をするのですが、合わせて頭皮の健康を考えて環境を整えていくということも重要なポイントとなります。

どんなに効果の高い薬を使用していても、毎日の生活でその効果を阻害しているのであれば、全く無意味な治療となってしまいます。

AGAを真剣に治したい、薬の効果を十分に得たいという場合は、自分の生活習慣を見直してみましょう。

では、AGAの人は特に注意しなくてはならない髪の毛によくないこととはどんなことでしょうか?

まずは、不規則な食生活はNGです。

バランスの良い食事を摂る様にして、髪の毛に良いビタミン、亜鉛などを意識して摂るといいでしょう。

飲酒については、適度な量であれば大きな影響はありません。

過度な飲酒については、髪の毛にとって大切なミネラルや亜鉛をアルコールを分解するために消費してしまうので、髪に十分な栄養が届かなくなります。

喫煙は、血管を収縮させるので、薄毛にはとても良くない影響があります。

煙草を吸うことによって頭皮の血流を悪化させるために抜け毛の進行は早くなる可能性があります。

参考サイト ⇒≪1日3回、3分間の頭皮タッチで解消! 抜け毛・薄毛 | カラダの豆事典